★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

ボランティアについて、尾畠春夫さんを見て思うこと

利他精神旺盛の周囲からの恩を受けながら、感謝どころか
「周りにいい人だと思われたいだけなのでは?」
と言ってのける古くからの友人が一人いますが、断捨離したくなりました笑。
年々猜疑心が強くなり、古くからの縁なので情はあるけど、付き合い続けてもきっと得るものはこの先何もないかも笑。

そんなことをエアロバイクを漕ぎながら尾畠春夫さんの笑顔を見てふと思ってしまいました。

藤本よしきちゃんを救出したボランティアの尾畠春夫さんは、65歳まで魚屋さんとして働き、50代から78歳の今までずっとボランティアをしてこられたようです。

ボランティアをするのは「65歳まで社会から受けた恩を返す為」とのこと。見るからに明るい正直な人柄から、沢山の恩を受けてきたのでしょうね。当たり前ですが、お金や謝礼は一切受け取らないのだそうです。
立派ですね。なかなかこういう人っていないです。

しかも78歳.おそらく年金生活の中、全部自腹でとは立派です。
しかし、こんなにテレビに出て、家までパパラッチされたり、近所の人へのインタビューなど、ここまで大きく取り上げられるのは本望なのか??疑問に思います。
今までもボランティアとして何度もインタビューに出ていたりして、マスコミ慣れしているのかもしれません。

涼しくなったらボランティアでもしようかと考えていました。今現在、私にとってのボランティアとは、正直いうと感謝されたい。誰かの為になりたい。
とかはなく、暇つぶしも兼ねてこれからの自分の考えている興味があることの経験とさせて頂くため、はっきり言うと自分のためです。私利私欲の塊です。
それであわよくば感謝されるのであれば一石二鳥、別に感謝されなくても構わない。

今の私にとってのボランティアへの思いは、この程度のものです。

こんな軽い気持ちで始めたボランティアによって万が一、めっちゃくちゃ感謝されて表彰されたり、マスコミに追われることになるのだとしたら、それは面倒くさいし、今後ボランティアをやりたくなくなるかもしれない。
そんな風になるのなら、はじめから有償でやる方がいいかもしれない。


ボランティアをする理由としては「人を助けたいから」という理由が模範解答でしょうか??

人からされたかったことを、自ら人に施すことはカタルシス効果があります。
そんな感じで人助けをすると時には人に感謝されるどころか、文句まで言われることもあります。
そんな時に「無償でやっているんだから感謝しろよ!」とか思うようであれば、その人はボランティアをすべき人物ではないと思います。


中学は4ヶ月しか通わず15歳から魚屋さんの修行に入り、65歳まで魚屋をしていた尾畠春夫さん。
恩を受けたらそれに対して疑ったりせず素直に感謝ができる尾畠さんのような生き方を心がけたいです。

なんか訳もなくイライラするなと思ったら

こんにちは。

朝からゲホンゲホンと咳をするモラハラ夫。風邪なのか?

先入観かもしれませんが、今までの経験上、咳がとてもわざとらしいです。リビングに一歩入った途端、大きな咳をします。

たまに風邪をひくと、洗い終わった後の台所の食器の上や調理済みの物の上でも、口を手で覆わず、タンが飛ぶ勢いで咳をします。

以前ならこういう時はすぐに薬を出しておいてあげたりしていましたが、これではいつまでも奴は変わりません。

文句を言うと逆ギレするし、奴にとってはそれがコミュニケーションのきっかけとなるので、あえて無視。

奴の咳がかかった料理は丸ごと目の前で捨て、食器は洗い直します。非言語メッセージには非言語で返します。



どんなに長期間、無視を決め込んでも、少し体調が崩れると気弱になるのか、途端に察して貰おうとします。

気のせいでは無いです。

お前らが体調崩すのは自己責任。俺が弱った時は優しくしてよ。はムシが良すぎますよね。気持ち悪いです。

俺は風邪を引いているんだぞ!の非言語メッセージは無視。

ここ1週間位、ただでさえ訳もなくイライラします。
明らかにホルモンバランスが崩れ始めています。

そういえば夏はバテて食欲もなく栄養不足なのかストレスなのかわかりませんが、8月は生理が無い年があります。
楽でよいのですが不思議です。

さらにここ何ヶ月も生理周期が乱れており、予定が立てづらい。

ジムに行く日は、併設したジャグジーやサウナのある大きなお風呂に入りたいので生理の日はいかないことにしています。


今月はPMS特有の胸の張りや浮腫み、頭痛もないし、快適ではありますが…

というわけで久々にジムに行ってきます。

ではでは

大変だけど油断しないで!乳幼児の不慮の事故

今回、2歳児の行方不明のニュースには人ごとではないほどソワソワしてしまった。
朝、ボランティアの人が発見したという速報で他人事ながら心底ホッとした。

誰が一番悪いとかではなく、最悪な事態になった時のことを想像してしまったからだ。
乳幼児はほんの少し目を離した隙に、とんでもない惨事が起こるので育てるのは本当に大変なのです。

今は笑い話だが、
うちの妹も1歳半から2歳くらいのころ、一瞬の隙に家を飛び出し、近くの踏切でダンプカーに轢かれたことがある。
亡き父と手を繋いで一緒に走って探し回った記憶があるので私が3歳になるかならないかの頃である。

結局探しても見つからないので夜になって警察に連絡し、次の日の朝、救急車で足に包帯を巻いた状態で救急隊員に抱っこされてニコニコ元気に帰宅。

今思うと妹はADHD気味だったのでは?と思うのと、さらに驚くのは子供の骨の柔らかさ。骨折したかどうかわからないけれど普通に帰宅後元気だった記憶がある。後遺症はもちろんなく、小学生の時は膝裏にタイヤの跡があったが、今はどうだろう。長らく会ってはいないから知らない笑


あとは以前働いていた職場で、ちょうど2歳前の子を家の中の不慮の事故で亡くしてしまった人の話を思い出した。生きていれば25歳くらいだと言っていた。

家事をするのに子供を寝室で遊ばせていたら、ほんの15分位の間に頭からベッドの下にある籠の中に逆さに落ち、気が付いた時にはすでに心拍が止まって亡くなっていたそうだ。
母親は自分を責めるだろうし、周りも心無いことを言うだろうし、だけどことが起こったあとであーだこーだ言っても誰も救われない。

ほんの少しの気の緩みで大惨事が起こるので乳幼児の子育ては可愛い、楽しいばかりではないのである。

行方不明だった2歳児藤本理稀ちゃん無事救出

おはようございます🌞

山口県の行方不明だった2歳児、藤本理稀(よしき)ちゃんが捜査ボランティアの方によって山中で発見されました。良かったですね。
3日間、この猛暑の中、どのように過ごしていたのだろうか??

祖父と3歳の兄と海に行こうとしたら、一人で反対方向に歩いて行ったのがきっかけでこんな騒動になったわけです。

その時点で大人が追っかけて捕まえれば良かったのに。って思った人も多いと思います。
が、こう思う人は子育て経験がない人かと思います。

「魔の2歳児」の時期は、何でもかんでも思い通りにいかないと癇癪起こしたり、大人の神経を逆なでする行動を取るので、少し落ち着くまで放置したり、好きにさせておく方がいいこともあります。

この祖父も少し待ったら慌てて走って戻ってくることを想定して放置していたらこんなことになってしまったのでは?と思われます。わからないけど笑

1歳半過ぎから3歳くらいまでは自我が芽生えて、見た目はまだまだ赤ちゃんみたいで可愛いけれど、悪魔では?と思う時もあるほど、ほんと大変な時期なんですよね。イヤイヤ期とも言われています。
何でもかんでもとりあえず「イヤ」と否定します。

一例としては、オヤツをあげてもイヤだと言うし、だったらオヤツを片しても「イヤだ」と泣く笑。これが多岐に渡って1日中続くこともある。
何でもかんでも自分でやりたがるし、だけど上手くやれなくて怒りながら泣く(笑)
この時期をゆったり見守ることができれば、3歳頃になるとわりと何でも自分でできるようになり楽になるのですがね。
それまでが結構大変。

ちなみに発達障害があると、この「イヤイヤ期」はないらしいです。

この騒動とは関係ないですが多分、モラハラや自己愛たちはこの「イヤイヤ期」でつまづいていたり、元々なかったせいで、その後一生「イヤイヤ期」が続き、不幸なことに見た目がオッサンだから可愛くなくて最悪なので、周囲は寿命が縮むほどのストレスになるのです笑。

もちろん、うちのモラハラ夫は今もなお「イヤイヤ期」です。


子供が大きくなってもまだ心配は絶えないし違うストレスがありますが、もし子供達が2歳頃の時期に戻れるとしても、絶対戻りたくないです笑。今の方がマシかもしれない。

行方不明になって3日間、ここまで大ごとになってしまったので賛否両論はあるでしょうけど、それだけ歩き始めて自我が出てきた子供の子育ては大変なので、ただただ無事で発見されて良かったね。の一言につきます。

幼くても大きくても子供に何かあれば親も含め大人に責任を問われますが、今回のようなことは、子育て中なら誰でも起こりうることではないか?と思います。

とにかくヨシキちゃん無事で良かったですが、幼い頃の大変さを思い出してしまったニュースでした。

そこかしこに秋の気配

こんにちは。

朝から天気が良いので外は暑いかと覚悟してベランダに出たら、風が少し涼しくて早くも秋の気配を感じました。
昨日はそういえばトンボも見たし。

毎年夏は、暑い暑いと言いながら暑さを避けているうちにあっという間に秋がやってきます。

家でのんびりしようが、忙しく動き回ろうがいつの間にか季節は変わるし、歳だけ取り、中身はさして変わらぬまま、いつの間にかおばあちゃんになるんだろうなぁ。

「こんな40代嫌だ!」という話を先日、学生時代の頃からの友人としました。
正直何が嫌なのかもわからないけど、毎日同じことをして、「今日のご飯は何にしよう」に支配され、時々子供の心配をしたり、「掃除、洗濯めんどくさい」無気力な日が続いたり、なんだかつまらないのです。


40代は「思秋期」と言われています。人生の中の「秋」にあたり、あとは衰えて行く一方であることを自覚し、もがいたり諦めたりする世代。
最後の悪あがきをするのもみっともないし、このまま衰えを素直に受け入れるほど達観していないから、なんかモヤモヤするのかもしれません。

こうやってモヤモヤしながらツマラナイツマラナイ言いながら、物思いに耽るのは嫌いじゃないです。

本を読んだりドラマや映画を見たりニュースを見たりしながら今年の夏もあと少しで終わります。

現状を打破すべく、涼しくなってきたらボランティアを始めようと考えています。

お墓参りは趣味の一つにしよう笑

お墓に到着したのがちょうどお昼前で、風も吹いてなければ、日陰もなくメチャクチャ暑くて立っているだけで卒倒しそうな暑さの中、テキパキ雑草を刈る子供達。

今年は雑草どころか、植えた記憶のない太めの木みたいな植物が生い茂っていました笑

いつもは実家の母が7月に先にお墓参りをしており、8月に行くとある程度整っているのだが、今年は猛暑のせいか墓参りに来ていないらしく、花瓶に何も刺さっていなかったし、お酒の瓶も置いてなかった。

「こんな雑草を、バァバ一人で掃除するのはかわいそう」と、今日は次男がメインになって汗だくで雑草や木みたいな植物を根こそぎ引っこ抜いている背中を見て、なんてこの子は頼もしいのだろうか?と嬉しくなりました。

今までは「無理矢理連れて来られた」感を醸し出し、のんびりお菓子食べたり、せいぜい水汲みくらいしかしなかったのに、随分成長しました。

いつまでも子供じゃないんだなぁ。と猛暑の中、感動してしまいましたよ。

御墓参りもこれからはボタン一つで操作できるタワー型や、海や山に散骨したりと手間のかからない形態が当たり前のように普及するのでしょうけれど、年に数回は面倒でもこうやって先祖を敬うスタイルは継承したいな。と思うのでした。

お参りの後は、気のせいかもしれないけれど清々しい気持ちです。

幼い頃は年に何度か遠い中、犬も連れておばあちゃんや母親とピクニックのように沢山のお供え物を持ってお墓まいりをするのが楽しみだったのです。
不思議なのは、その幼い頃のお墓参りの記憶に妹はいないこと。

面倒くさいから行かなかったのかもしれませんが、今更気になります。

お墓参りをきっかけに久々に思い出したのでLINEしてみようと思います。

余談ですが、昨夜中々熟睡できず、寝入り端に「よかったよ、よかったよ」をリピートする女の人の気配?夢かわかりませんが頭の中がやかましくて眠れず「何がよかったの!?」とイライラして一旦目が覚めたのが夜中の3時。
お墓で待っているおばあちゃんだったのかもしれないとふと思ったのでした。。
子供の頃より寝入り端に金縛りにあったり変な夢をよく見ます。人によってはこれを霊現象と捉えるかもしれません。

おかしな人と思われそうなのであまり人には言っていない、ここだけの話です。

お墓まいり

おはようございます🌞

こちら関東は7月盆なので本当だったら1ヶ月前に行くのがしきたりなのかもしれませんが、子供達が休みではないので本日お墓まいりに行く予定を少し前に伝えていたにもかかわらず、誰も起きない…

昨夜は長男がしきりに「明日は雨だよね?多分雨だよ!」とか言うので「雨だったら明後日に変更するよ」と言ったら軽くため息(笑)いかにも行きたくなさそうな雰囲気を醸し出していた。

どうしても本日午前中に行ってしまいたいので今から叩き起こします。

皆様も良い1日をお過ごしくださいませ♩