★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

限りなくニートに近い専業主婦の雑記ブログ

ゴミを実用的なものに変える楽しみ

22度晴れ。

息子達の学校は、前期は全てオンライン授業になることが決定したようです。

夫もしばらくはこのまま在宅ワークが続くような気がします。残業代や出張手当がなくなった代わりに週2、3回の余計な飲みにも行けないので収支はトントンといったところでしょうか?

我が家では私だけが暇なので、皆が家の中であれこれしている間に、さすがに自分だけ何時間も昼寝したりゴロゴロするのもできず、

忙しいふりをしていますw

せっかく新型コロナ感染が収束に向かいつつあったのに、また少し増えてきましたし、こんなに暑くなってもまだマスクをしなければならない地獄。

というわけで、ボロボロの使い捨てマスクと、ゴミ袋行きの服で夏用マスクを作りました。

裁縫ができる人は使い捨てマスクは捨てないほうがいいよ。またいつゴム不足になるかわからないからね。ご参考まで。

ゴムの部分を切って、ゴミ袋行き寸前ののレースの服を利用して

こんな感じの夏用マスクに変身!裏地はスカートの麻素材の裏地を使いました。
すぐ吹き出物ができるのでね。夏に化学繊維のマスクしたらブツブツができるのは間違いなく、
肌が丈夫ならわざわざ作らなかっただろうけど。

鼻のところの針金は、プランターの支柱を固定するのに使えるw

今は必要なものや欲しいものはなんでも安価で簡単に手に入るので捨てて買ってを繰り返すほうが簡単で早いんですけど、家にあるものや捨てる寸前のものを工夫して使うのが楽しいんですよ。
だから、あまりに便利すぎる生活はむしろつまらないと思うのよね、わたしは。
変わってるのかもしれないけど。

自粛期間のおかげで発想力が増した気がする!!
という自画自賛する暇人であったw

私って天才かも?ゴムのいらない超簡単な綿マスク

26度曇りっぽい晴れ。

買い置きの使い捨てマスクもとうとう残り2箱。
ずいぶんと値下がりしてきたけどまだまだ高いよ。1箱50枚入り500円以下になるまでは意地でも買わないつもりですw
ケチでしょ〜.

使い捨てマスクを洗って使っていましたが、毛羽立ったものは捨てずにとってあります。ちょっと考えがあってだな...
実行したらブログに書きますね.

花粉の飛散も終わり、こんな暑くなっても,まだマスクが必要な世の中だとは想定外でした。

完全に終息するまでは夏だろうがマスクは必要になりそうですよね。ゾッとしません??w.ぜったい暑いよね。

息子達は元々はニキビができない肌質なのですが、ウレタンマスクで肌荒れしたのか頰にプツプツできてしまったらしい。

閃いたので、ほとんど着ていない子供用のTシャツで簡単マスクを作ってみました。してくれるかはわからないけど。



2枚を真ん中のところだけ張り合わせて縫うだけなんだけど、ミシン使ったら一瞬で作れました。
Tシャツ生地なので綿100%で肌に優しく切りっぱなしでもほつれません。

1枚のTシャツで12枚も作れた!袖も使ったよ。

効果のほどは疑問ですけど、しないよりはマシなレベルかと。

こんな気候でも形だけマスクしとかないと、マスク警察に捕まっちゃうからねw。あと少し頑張ろう。

株価も人出も元に戻りつつある。

25度晴れ。

朝、ミニトマトの茎を強めに触ったら花が咲いている先端の部分が折れて、応急処置としてテープで固定したんだけど、先端の花が枯れてしまったの。
凹みました。

ミニトマトは生命力が強いので、たとえ折れても放っておくと新たな芽が出て成長するらしいので気長に育てます。

2月終わりくらいに買ったマスク関連株が爆下がりして、笑えるほどの評価損だったのが買値近くまで戻ってきました。

街は平日なのに以前より多くの人が歩いています。

完全に以前のようには戻らなくても、別に私自身の生活は変わらなくても、なんとなく解放された気分です。

自粛期間に幸せを感じた人も少なからずいたらしいけど、全国的に解除された今は、どんな気分なんだろうか???
自粛警察マインドの人々、息してますか?w

私は年中自粛生活のようなもので、今回の自粛生活で一番嫌なのは、
私以外の家族が、特に夫が一日中、毎日!!
家に居ることで、それ以外は特に不満もないです。

家にいるのは好きなので年中ステイホームでも構いませんが、だからといって他の人々が今回のように外出自粛を強いられて、
中にはイライラしたり経済的に逼迫して不安な毎日を過ごすとか、
そういう人々が増えて暗い世の中にはなって欲しくないと心底思います。

少しくらい調子に乗ってワイワイしたような世の中の方が楽しくて好きです。

だから、自粛要請で突然ドヤってイキイキするような奴や、自分以外の人が楽しんでいると怒り出すような人の気持ちがわからないんだよね。

新たな生活様式は不便そうだけれど、楽しみたい人はどんどん外で遊べばいいと思うよ。

距離のある社会づくりは少し前から

24度曇り。風もなく陽も出ていないのに暑いです。

全国的に緊急事態宣言が解除されましたが、はたして、
我が家のモラハラ夫はいつまで在宅勤務なのだろうか?
聞いたら「未定」とのこと_:(´ཀ`」 ∠):
いい加減以前のように朝から晩まで出勤して欲しい。というのが本音である!

お昼ご飯は大抵、前日の余り物を利用したり、夕飯に使う食材の一部を下ごしらえする前に取り分けて5分10分で適当に作ります。作らなくても別に文句は言わないですが、暇なので作っています。
今日は海老チャーハン。昨日は... 豚肉ともやしで生姜焼き。
味付けは適当でw,強火で一気に作ります。

新型ウィルス災禍により、ソーシャルディスタンス(社会的距離)という言葉が普及していますが、

何年か前から小学生は「あだ名禁止」になりましたよね。あれにはかなりの違和感がありましたが、
今思えばあれも「心理的な距離」を普及させるための政策だったのでは?

最初から子供同士でさん付けで呼びあって心理的な距離を取っておけば、余計ないじめや諍い、徒党を組んで学級崩壊させたりとかが減り、先生の余計な仕事が増えず管理や指導をしやすくなる大人の思惑に思える。

実際、小学生の子供を持つ友人が何人かいるので聞いたら、まず先生が徹底して男女問わず「さん付け」で呼んでいるらしいよ。だから子供も教室内ではあだ名で呼ばないけど、中には下校時に身体的特徴のあだ名で呼んでからかったりする子もいるらしい。

子供も大人も、規律を守る子は守るし、守らない子は守らない。ってこと。

しっかり規律を守り、守らない子供を見たら先生にチクるような子供は、将来◯◯警察予備軍だったりするのだろうか?w.

そういう子はいくら正しくても仲間から煙たがられるだろうな。

ソーシャルディスタンスが普及したら、ネットの誹謗中傷じゃないけど今よりもっと陰湿な世の中になりそうだから
管理、監視社会はどんどん進んでいくだろうという予感しかない。

もしそうなったら私はそれでも構わないと思うわ。やましい事してないし。

SNS世代へリアルインタビュー

息子達は何年もSNSをやっています。

私はやっていないので覗いたことはありませんが、兄弟はそれぞれフォローしあっているようです。

1人の子は何万人もフォロワーがいると自慢してたので、ちょっと心配になりました。怖すぎる。

なにそれほんと大丈夫なの?お母さん心配!って思うのは時代遅れなん?w

家庭環境とか個人情報垂れ流してそう…せめて鍵かけて欲しいけど言っても聞かないので、一応、家族の恥になるようなことは発信しないでね。とは伝えてありますw
ほんと子供にスマホ持たすと何するかわからないからヒヤヒヤするよ。
男の子だしエロ動画見るとか(それも最初は阻止したかった)、ゲームをやるのは全然いいんだけどさぁ、SNSはねぇ。

木村花さんのニュースも知っていたので、悪口や誹謗中傷されたことがあるか聞いたら、
いまだかつて一度もないらしいよ。これには驚きました。
「俺は芸能人じゃないからね」って言ってたけど、それは関係なさそうだよね?
あとは悪口や誹謗中傷はスルーして元々なかったことにしている可能性がある。

ただ、時々、パパママ世代の中年のおっさんやオバハンが絡んでくるのは、シンプルに気持ち悪いらしいですw


お馬鹿なので、何を発信しているのか見るのも怖いけれど、もう1人の子に聞いたら、実際、大したことは呟いてないらしい。だから、なんで何万人もフォロワーがいるのかは謎だとも言っていました。


赤の他人の発信は面白いけど、身内の呟きは見たくないのは私だけ?

今やインターネット無しの生活には戻れないが、ほんとこの点だけは、伝達手段が手紙やポケベル、黒電話しかなかった時代の方がまだマシだったと思う。


ウィンナーロールとシナモンレーズンロール。
小麦粉や強力粉がやっと店頭に戻ったけど、おひとり様1点限り。しかも笑えるほど値上がりしてたからまだ買わない!w

言いたいことがまだまだいっぱいある。けど抑えている。

26度晴れ。

今日はなぜか自然と早起き。いつも通りの最低限の家事をしてポテチの大袋片手にゴロゴロしております。

ブログを始めて2年ちょっとですけど、ほぼ毎日更新していて、どうでも良い、誰のためにもならず心にも刺さらないであろう,適当に思いついたことを綴っており、少なからず読んでくれている人もいて。

でもふと、私はなんでブログを続けているんだろう。と思うことがあります。
理由は特にないけど、文を適当に綴るのが苦ではないから。なのかなぁ。
あと、日々の自分の心のゴミ箱として利用しているところもある。

昨夜のネットニュースで、テラスハウスに出演していた女の子が亡くなったようです。テラハは、たまに夜中に見ていました。
オバハンからするとわざとらしくて面白くない番組です。亡くなった女の子は、まだうちの長男と同じ年くらい。匿名の誹謗中傷で心を痛めたのが原因ともされています。

ほんの少しでも有名になって注目度が上がると、誹謗中傷は避けられないんでしょうね。

昨日のブログに書いた、私の母親世代のおばあちゃんもコメント欄で他のブロガーと言い合いしたりw,長年一部の人に某巨大掲示板で色々言われているようです。
それに巻き込まれ何年か体調不良が続いたらしいよ。
60代70代という、老年期の人の間にもそういうのがあるなんて、元気で暇な証拠だし、健康や生活の心配がない、ある意味幸せな人々なのでは?と私は思ったけど。


誹謗中傷されるほどの影響力も個性もない私からみると、こういう匿名の誹謗中傷やアンチからのバッシングは有名税みたいなもので気にする必要はないのでは?と思うのです。


言えるのは、匿名で叩かれたり誹謗中傷される人にも問題が全くない。とは言い切れない。

外野から見たら結局どっちもどっちに見えるから、
匿名の雄叫びは気にせずスルーするか、嫌なら姿を隠すか、それか暇つぶしに次々燃料注いで過激に踊らせ高みの見物するかw、
それくらいしか無いのだろう。
経験がないのであくまで想像だけど。

母親世代のブログ

22度曇り。
今日は土曜日なので気兼ねなく二度寝して普段より遅くに目覚めました。

最近、母親世代の人のブログを読んでいます。
1人の人は四捨五入したら80歳!なのに、毎日朝早くにブログをあげているらしく、
画像もデジカメで綺麗に写してそれをパソコンに取り入れて更新しているようで、文章もわかりやすく長文でも読みやすく、
それだけでも単純に凄い。

料理も上手で、ご飯も一人分なのに何品も時間をかけて丁寧に作り、一つ一つお洒落な器に盛り付け画像載せたり、2人の娘と4人の孫とも時々会ってそのことも丁寧に綴っているの。

その人が普通にしていることは私からみたらストイックで、毎日のきちんとした暮らしが見た目にも出ていて、めちゃくちゃ綺麗なおばあちゃん。
ずっと専業主婦なのに、何度も過労で入院したほどらしいので、ストイックにも程があるw

でね、コロナに関する記事で、死ぬなら肺炎で死にたい。って書いてたんだけど、肺炎は案外苦しくなく、天国にいるような良い気分らしいよ笑。今より若い頃、インフルエンザ拗らせて肺炎になり2,3週間も入院治療して死にかけたんだって。


名前は出さないけどブログ村の丁寧な暮らしカテゴリで見つけたの。

同年代のブログも面白いけど、シニアブログは生活の知恵や人生経験が詰まっていてなかなか勉強になる。


私の母親はおそらくブログなんてやってないだろうな。パソコンもないし。だけど、シニアがブログやるのは脳には良さそうね。


先日作った砂糖少なめのイチゴレアチーズケーキ。