★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし

ブログか本か忘れましたが、このフレーズを見た時に肩の荷が下りたような感じがしました。のんびりお菓子を食べながら朝から夕方までテレビを見ても罪悪感を感じることがなくなりました(笑)

暇つぶししていてもお腹は減ります。人間として生まれたからには食べ物を買うお金や、雨風をしのげる家も必要ですから、何かしらの形で金銭を得ないといけません。
人に雇われて働く。というのは一般的だし、どうせ働くのなら沢山稼ぎたい。名誉職につきたい。と思うのは人間の本能でしょう。
特に野望がない人は最低限の3大欲求(食欲、睡眠欲、性欲)が満たされる程度稼げばいい話です。だって人生は死ぬまでの暇つぶしなんですから。
営団地、安い食べ物のみで自炊して、文化的なことに触れたい場合は、図書館の本読んだりすれば5万位で生活できるのでは?と思います。
最低限でさえも稼げない人は、体か心に問題があるのでしかるべき機関に相談して生活保護を受ければいいのです。(テキトー笑)

今の時代は選択肢が沢山あるので、法や倫理を犯さない範囲であればどのような稼ぎ方をしても良いと思います。

現在、心が通じ合わない夫が稼いだお金で主に生活していますが、たまに通りがかりに大きな音を立てたり舌打ちされたり無言のモラハラを受けてイライラします。彼なりの唯一のストレス発散方法なのでしょうけど人としてカッコ悪いです。

離婚したいとずっと思ってきました。
ただ子供達のことを考えるとシングルマザーになったとしたら普通の仕事では家賃、学費、生活費などは賄えないため、今は時期を待っています。

考え方を変えると、1日に数秒大きな音や舌打ちを聞くだけで半日テレビ見たり、好きなもの買っておしゃれしたり、ママ友とカフェいって何時間も愚痴を話したり、たまに飲みに行ったりできるので仕事としては、かなり割りがいいのではないだろうか?と思うようになりました。このように考え方を変えると、毎日外で働いてくれてご苦労様❤️と感謝する気持ちが多少は生まれます(笑)