★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

年の差婚考察★経済評論家、三橋貴明とか

この経済評論家、三橋貴明容疑者(48歳)については知らなかったが、昨日10代の妻にDVをして逮捕されたというニュースを見てグイグイ興味が湧いて仕方がないので、暇だし考察してみたい。

この人、過去に2度離婚していて、今回被害にあった10代の妻!はなんと3番目の妻だそう。
1度目の離婚は、秘書と浮気が原因、2度目の離婚にはDV疑惑あるそうで。

もう、この時点で臨床心理学的に気になる男である。

年の差婚は、最近珍しくないようだが、30歳以上も年が離れている同士の結婚は、ちょっと普通の恋愛感情ではないと思うのは偏見でしょうか?いいえ、偏見ではありません(笑)。

多くの男性は若い女性が好き。とは言っても子供のような年齢差の異性に性的感情をもてるのは先日書いたブログ内の、性的欲求の成長段階の中のどこかで大きくつまづいたのだな。と思ってしまいます。
もしくは無意識の中で強いコンプレックスがあるため、まだ世間を知らない可愛く素直な若い子としか対等になれない。とか。そういう子を俺色に染めたい!という支配欲か。
それでも結婚まで漕ぎ着けたのは、それなりの社会的な実績や収入があったおかげだろう。

さすがに周りの人間でもアラフィフが10代と再婚となれば「くぅ!羨ましい〜。いいなぁ」とはならず、心の中で「ちとキモイ」となるはず。

この妻の方も同じくどんな家庭環境に育ったか気になります。極端に父性が足りないか満たされすぎたかのどちらかであることは確かでしょう。見た目、性格に難あり、同世代の男子からは相手にされないとか。相手にされても本性みたら離れていく。ならばお金持ちのおじさんと結婚して、見返してやろう!→ワガママ放題。→殴られる。とか。
しかも、結婚するにあたり、親御さんの反応は?などなど、暇だから気になります(笑)

ルビーはアラフォーなので30歳以上ということは70歳以上のお爺さんと再婚すると妄想すると。。。

例えば、「天涯孤独だから介護と家事のためだけに結婚してください、何億もの財産はあなたに渡します。必要最低限の会話以外はしないでいい。あとは自由で構わない」

というのであれば仕事として割り切って再婚することもできるかもしれない(笑)。いやいや、今は私1人で生きている訳ではないので世間体が気になるし、子供達の異性感を歪めそうなのでやっぱり無理です。

というかその前に何億もの財産を残している70歳以上の人なら色々頑張って生きてきた人だろうから、楽して生きるをモットーにしたこんなグータラ主婦を選ばないか(笑)いくら若くても相手にも選ぶ権利はあるってものです(笑)

年の差婚をしている人は実際周りにいます。イメージとしては10歳以上離れている、流行などが全く被っておらず共通点がないため思い出話に花が咲かない。結婚してしばらくは周りよりいい暮らしができる。などポジティブな面もありますがネガティヴな面の方が目につきます。

子供が小さいうちなどは、生活レベルが格段に上なので結構羨ましがられたりするものですが、結婚してから20数年経った今、子供はまだ育ち盛りなのに、旦那が会社員の場合は定年退職、途中病気になりリストラ、見た目がまんまお爺さん、よって妻が馬車馬のように働かないと追いつかない経済状況に陥っていたり、
基本若い女と結婚するということは同世代と対等に付き合えない幼い男ということが実証されており(当社比)ほぼ全員モラハラ気質で中々悲惨なことになっています。
↑でも、DVがないだけまだマシですね♪
ってならないならない。

モラハラ気質のお金がないお爺さんとか、要らないです。
むしろそういう人がタイプ💕理想です💕という方がいましたらコメントください。商品券1000円分あげるかもしれない(笑)

長くなりましたが、年の差婚は、基本的に同世代には需要がないもの同士の訳あり婚、いわく付き同士婚というのがルビーの自論です。