★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

親殺しに思う「無職、長男」

今の日本の殺人事件の半数以上は親族間の殺人。であるという事実。。

親殺しのニュースが数日前にありました。60歳無職長男による介護殺人、被害者は84歳の母親。
この家族の家庭環境はわかりませんが、今の時代は核家族が多く介護の見本がないため、昔のように子供が親を介護するのには無理があるのでしょうね。という話では終わらない事件です。

「無職、長男」、これ、親殺しのニュースではおなじみのキーワードではないでしょうか?

今回のニュースは無職長男とはいえ60歳と高齢であり、介護殺人だった為、まぁ色々憶測できますが、アラフォー世代の「無職、長男」の親殺しは大抵しびれを切らした親から仕事のことを言われて逆上。と身勝手です。無職でも自分の食い扶持くらい稼いで、さらに家にお金を入れているのならここまでならないのではないでしょうか?


「無職、長女」のニートは遠い知り合いで数人いますが、全員精神疾患持ちです。
女性は攻撃性が自分に向かう傾向があるのでしょう。

ニュースに出てくる「無職、長男」の攻撃性は自分に向かわず年老いた弱い親に向かう時点で◯んだ方がいいと第三者は思いますが、子供からしたら、「こんな子供に誰がした?」っていう思いもわからんでもない。

たまに「大人になってまで親のせいにするな!!!」っていう人いますよね。それも違う気がします。開き直るな!反省しろよ!と言いたくなります。
そんな子供になる前に兆候はあったはずで、第三者に相談したり、然るべき対応はできたはずです。子供の将来を思うなら。なのでニートの親にも何らかの問題あります。

ニートにも種類があり
★子供の時から不登校でそのままニート
発達障害の可能性大、心の問題も)
★一度就職したものの、退職しそのままニート
精神疾患の可能性大、発達障害の場合も)

どちらにせよ、早い段階で然るべき機関に相談し、第三者の指示を仰ぐのが良さそうですね。恥ずかしい。とか言ってらんないです。
発達障害があっても社会で悪戦苦闘しながら頑張っている人や、自分で社会に居場所を作っている人だって沢山いるはずですので、ニートで居られる土壌を作った家庭環境にどうやらキーがありそうです。

ニートになりやすい土壌★
父親が無関心&母親の過保護、過干渉。だそうです。
そして、ニートを続けるためにはある程度の経済力と、優しく世話してくれる人は必須ツールですね。

数件のニートの実話を元に勝手な憶測すると、ニュースを賑わす「無職、長男」型ニートって子供の時は反抗期もなく、そこそこ勉強も頑張り、親の自慢だったりしたケースが多い気がします。ニートだって本当は物申したい時期もあったのに、不幸そうなお母さんを悲しませたくない。という母思いの優しい気持ちから自分の感情に蓋をして生きてきたのではないのでしょうか?
それである時何らかのキッカケで、負の感情のパンパンに詰まった心の箱が開いてしまい、自分でコントロールできないほど強い攻撃性が自他に向かう→精神疾患家庭内暴力、親殺しに向かうのでは???

思春期という人生で一番不安定な時期の激しい感情を、大好きな親のために押し殺すことができた。という所にフォーカスを当てると、本来の性質は人並みはずれた利他精神のある、ポテンシャルの高い人物ではないか???という結論に至りました(極論)

と暇なせいか平日の朝から長々と推論してしまいました(笑)