★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

カオナシとモラハラと自己愛性パーソナリティ障害

あーうー。しか言えないカオナシ
お金や物で千尋の気を引こうとするも、断られると逆ギレするカオナシ

自分の言葉を持たず、自分の考えがない。影が薄い。人の立場や言葉を借りないと存在すら危ぶまれる。

はい!これ、モラハラや自己愛性パーソナリティ障害の人とそっくりです(笑)

ジブリ作品の中で一番好きな「千と千尋の神隠し」。
あの独特の世界観は、人間の精神世界を現していると言われていますね。

誰の心の中にもある元型が、それぞれ個性的なキャラで表現されているらしい。

湯婆婆とゼニーバは、グレートマザー、カオナシはシャドウ、釜じいは老賢者、などなど。
ユング心理学を学ぶと、また違った視点で楽しめます。

グレートマザーとは、あらゆる物を育てる偉大な母のイメージで、女性の成長の究極的な目標だとされています。
 ただ、母という要素には二面性があり、一つには子どもを慈しんではぐぐむ力、もう一つは子供を束縛し、のみこんで破滅させてしまう恐ろしい力です。
 女性だけでなく、グレートマザーのイメージは男性にも重要な意味を持ちます。すなわち、母の影響力から逃れること、自立、精神的乳離れの際に、このグレートマザーと対決しなければならないと。
 誰の心にもあるようですが、表面に顔を出すか出さないかはあなた次第。

カオナシは最後、ゼニーバの所へ行きましたね。

モラハラ、自己愛と同じで母性が必要なのでしょう。