★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

反抗期を過ぎてから反抗期する手段

おはようございます。

アラフォーですが、周囲に今頃壊れはじめている人が何人かいます。

子供の時から親に反抗せず、勉強しっかりやり世間では羨ましいと言われる職業について自慢の子供だったり、親の言うことをよく聞く子供時代だったりした人たちです。

反抗期って、だいたい生物学的に二次性徴が見られる時期にホルモンの変化や体の変化と共に訪れる不安定な時期で、出方は人それぞれですがなくてはならない大切な時期のようです。

然るべき時に一番身近で愛着のある人に反抗しなかった人は、社会や、配偶者に反抗するようになります。それができない人は、精神疾患になることが多いみたいです。どれも嫌ですね。

うちの下の子は不登校2週目ですが、然るべき時には上の子の反抗期に応戦中で、今思えばおとなしかったです。

やっと落ち着き年明けにブログをはじめて、これから次のステップに向けて色々明るい計画を立てていました。

しかし、ほんのちょっと前に学校をサボっていることが、学校からの連絡で判明しました。親にバレた所で堂々と行かなくなり2週目です。

反抗期って然るべき時に「ババァ死ね!」くらいの暴言で終われば一番楽ですね。
少しずれると不登校、もっとずれると精神病になるようです。

親が元気でそこそこ幸せだから反抗できるのだそうで、親が問題抱えて疲れていると子供は健気なので「大好きな親を悲しませたくない」と頑張っちゃうそうです。

うちはこの大事な時期にかなり遅れて、しかも遅れた分だけめんどくさい手段で反抗しているようですが。。

ちょっとカッコ悪い手段ですが、人生は長いのですし、今は疲れた羽を休ませる期間である。と肝に銘じ、うるさく言わないことにします。

子育ても人生もマニュアル通りにはいかないものですね。普通がいいですが、普通が一番難しいのかもしれません。

足元を見つめ、今できることをするしかないです。