★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

羽生結弦くんの家庭環境&生い立ち

暇なので、こんなに素晴らしい子供はどうやったら育ったのか調べみました。

父親は中学校の教頭先生、母親は専業主婦、姉1人。

父親は数学の先生で、野球好きのため、息子には野球をやらせたかったようです。

幼い頃は喘息だった羽生結弦くんは姉が習っていたスケートを、喘息を治す目的で4歳から始めたそうです。

父親は子供の自主性を重んじ、「頑張ってるね」程度しか声をかけなかったそう。
父親は、息子がフィギュアで活躍し始めても、勉強と両立するように強く伝えており、そのため羽生結弦くんは成績も優秀で、父親譲りの理数系だそうです。

両親共謙虚で堅実、県営住宅に4人で住んでいたそうですがマスコミが来るためマンションに引っ越したとのこと。

納得の家庭環境でした。
父親は、節目節目の大事なことを息子には伝え、息子はその立派な父親の背中や生き方を見ているんですね。母親も、衣装を手作りしたり、震災の時にはあちらこちらに頭を下げて、息子がスケートを続けられるように掛け合ったそうで。

男性アスリートやスポーツ選手など一つのことを極めている人達の家庭環境って、母子家庭はあっても、無関心の父親はまずいない。
父親が教育熱心な家庭が多いようです。