★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

木を見て森を見ず

おはようございます🌞

とても天気が良くて気持ちがいい朝です。まだ寒いですが。

家にいて、目の前の当たり前の事をこなしつつ、たまに起こる問題やトラブルに対応、曜日がすぐに思い浮かばないほど同じような毎日です。

そして主婦は、知らず知らずに視野が狭くなります。

子供達が学校へ行く年になってから、用事がない日は時々働いていました。

お金も入るし、身なりを整えオフィスに行き、お昼は財布を小脇に抱えランチに行く。年齢も文化も違う様々な人たちと接すると視野が広がるし、とても良かったです。

しかし、どこに行っても足を引っ張る奴がいる。たった1人そういう人がいるとたちまち嫌になるものです。

大多数の人とは問題なく上手くやれるのだから、なんとかならないものか。と今も思います。たった1人の攻撃?はスルーしてその他多数の人と楽しくお金を稼ぐ。木はスルーして森を見ないといけません。

何故私は足を引っ張られるのか?ここにも問題があるようなないような。

女性ばかりが集まると必ずマウンティングする人がいますが、明らかに差があると問題は起こらないのです。

年が近いとか、似たような状況でいて、相手が少し上かも?というような時に、どうにか相手に勝ちたい!という心がそうさせる気がします。

こちらとしては、職場には仕事をしに来ているのであって、勝ち負けや、友達作りに来ているのではない。
そこにあの手この手で存在アピールをしてくる。

組織で働くというのは、こういう事に上手く対処することや、スルーする力が必要で、実は一番大事なのではないかと思うわけです。

どこに行っても足を引っ張る人がいるのなら、スルー力がないのは私の欠点というか、不得意分野であるのでそこは諦めるのが一番手っ取り早い。

というわけで今は働いてません。

また社会で働くことがあるとすれば、木を見ず森を見る。これが私の課題になるでしょう。