★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

貧乏は自己責任★人をケチ扱いする人へ

おはようございます🌞

昨夜のブログにも書きましたが、働ける年齢になってから(高校生15歳くらいから)は何かしら働いていましたが、祖父母や親戚からお祝い金やらお年玉やら、何かにつけ臨時収入もありましたので今思えばそんなに働く必要はなかった気がします。
その頃は単純に裕福な家庭ではなかったので親に負担をかけるなら、自分で暇な時に稼いで払いたい。と思っていました。

学生時代は制服があり、少しの服や安いファミレスの飲食や、遊びにお金がかかるくらいなので勝手に残高が増えていき、高校3年の時には残高100万以上はありました。

これを、とある友人にぽろっと言ったら、色々な人に言いふらされた挙句にたかってきたり、しかも応じないと「ケチ!」と言いふらされた経験があり、その子とは没交渉。この子は先日のブログ「生まれてきた意味」に書いた摂食障害がある子で、他のグループから総スカン食らっている子でした。今思えばこの子の言動から、多分人格障害だったかもしれません。

そしてルビーちゃんはケチという噂が学校に広まり散々でした。全く関係ない人からもケチ扱いされたり。
それでもルビーには他に味方もいたし、先生や、同級生の親はルビーに優しくよくしてくれましたし、男子はそういうの気にしないみたいなので学校自体はとても楽しかったです。

暇な時間は昼寝したりお菓子食べてる君らと違ってバイトして働いているし、普段の生活では、勉強もスポーツも最低限は頑張っている姿を認めてくれている祖父母や親戚は会うたびに万単位でお小遣いをくれました。断れば断るほど増額して渡してくる。という感じで、申し訳ないくらいでした。
なので、その頃からケチ扱いする同級生はスルーして、バイト先のお友達とつるんで遊んでました。

バイトして、朝までカラオケしたり、もちろん学校の勉強は最低限やっていたので指定校推薦もゲット。そして喜んだ祖父母からさらにお祝い金として18歳にして100万の小切手を貰いました。のちに換金したら180万にもなりましたね、その小切手は。
ルビーには妹がいますが、彼女は手伝いも勉強もしなかったので祖父母からは何も貰っていませんでした。

何も努力もしないくせに、お金に執着し人にたかるなんて愚の骨頂です。

次に他人からケチ扱いされたのは結婚後です。

結婚してからしばらくして、モラハラ夫の母親が、うちの母親に「ルビーちゃんは締り屋ですか??」と聞いてきたそうです。

締り屋だとしても、お前に何か迷惑かけたでしょうか??
こんな男を育てたお前のせいで、ケチらないといけない生活なのですが?(結婚後すぐモラハラ夫はとある理由でクビになり無職の時期がありました)

どうでもいい無駄な物や、乞食根性のくだらない人間にはお金をビタ一文も出したくないポリシーなだけですが?とも思いました。

これから少しずつ書いていきますが、結婚してすぐ、モラハラ夫の仕事のことやこの義母の発言も含め後悔の嵐でした。フラッシュバックが起こりそう!!イライラします。

心理学用語に、投影という言葉があります。
自分の中にある受け入れがたい特性を相手に押し付けあたかも相手がそうであるように思い込み自分を守る心理です。

大体、相手をケチ!とか言う人は本人がケチで、しかも努力せず必然的にビンボーなくせにお金に執着心があるのです。

大体そういう人は、人から施されて当たり前、あわよくば掠め取りたいという卑しい卑しい性格をしています。

年収や貯金を聞いてくる性根の卑しい人間は、人が思った以上に蓄財してたり恵まれているとわかるとケチ扱いするんだな。と人生の早い段階で学びました。

お金は人を変える。といいますが、
実際、貯金や臨時収入の話をすると目の色変える人間を何人も見ました。
モラハラ夫も然りです。

★他人をケチ扱いしがちな人へ告ぐ★
人のお金使いに文句言ったり、たかってきたり、お金がない!と嘆くなら寿命や睡眠削ってでも働いてくださいね(笑)当たり前のことです。

頭も体も使わず、お金がない人は自己責任です。

他人に構うなら、まずご自分のことを考えた方がいいです。