★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

ミニマリストVSマキシマリスト

ここ数年、ミニマリストという言葉が流行ってますね。
余計な物を持たない暮らし。という意味で、必要最小限のもので暮らす人達のことです。

以前住んでいた家が、収納が少なく部屋数も少なかったため、常に空きスペースを把握しながら買ったら処分を繰り返しつつ新しい物を買っていました。日用品は必ず無くなってから買う。

現在の家を購入し引っ越す際に、4人家族なのにダンボールが10箱程度と家具家電しかなく、引越し業者に驚かれました。引越し費用も数万で済んだ覚えがあります。

今の家は前と比べて収納があり、子供達の成長と共に物がどんどん増えてきました。処分しても間に合わないほど色々なものを買うので物が溢れていて見た目は落ち着かないです。

以前よりは経済的余裕もあるので、コレいいな!と思ったものを複数まとめて買ってしまうのにも原因があります。

ですので以前はミニマリストにならざる得ない環境だったのが、現在はストックが必ずあるマキシマリストのような生活になっています。

服や物が沢山あると選ぶのも時間がかかるし、部屋がスッキリせず気分は良くないのですが、
仕事していた時はすでに持っている色々な服を組み合わせ新たに買わずに済みましたし、思わぬトラブルや、突然故障するものなどはストックがあるので、以前よりは気持ちに余裕が出るのも確かです。

あとは、急遽ある物が必要になった友人に貸すこともあります。
かなり前ですが、急遽葬儀に出ないといけない知人が、家に帰る時間もなく相談に来ました。たまたま仕事帰りでうちに来て、私の使わない手持ちのブラックフォーマルにサッと着替えそのままお通夜に参加に行きました(笑)
あとは、子供のフォーマル服や靴、学校行事で使う衣装など。捨てるのは勿体無いからと取っておいた物でしたが、相手も買いに行く暇も省けるし余計な費用もかからない。
今は使わなくても取り敢えず置いておくと、このように人のお役に立てることもあります。


ただ、見た目はスッキリせず美しくはない。この点はデメリットです、マキシマリストは。

マキシマリストも見た目はスッキリ美しくしたいので、溢れているぶんはさっさと売却します。そしてまた売れたお金でものを買う…。

減らしても買うのならどうやらスッキリ美しくは当分むりそうですね(笑)

掃除して、せめて清潔に暮らします。