★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

元マラソン選手 原裕美子 ★窃盗症(クレプトマニア)

この方、見た目は普通の中年女性ですが、摂食障害が元々あったようです。
ラソン選手は体重が成績に響くので摂食障害になりやすいみたいです。

窃盗症(クレプトマニア)は経済的理由での万引きとは全くの別物です。

以下ウィキペディアより

これは、その衝動により窃盗行為の実行時に緊張感を味わい、成功時に開放感・満足感を得る。窃盗の対象物や窃盗の結果に対しては関心がなく、一般にはほとんど価値がないものである場合も多い。盗品は、廃棄・未使用のまま隠匿・他人への譲渡のほか、まれに現場へ返却される場合もある。いわゆる「利益のための窃盗」ではなく「窃盗のための窃盗」といわれており、衝動制御障害に含まれる同様の症例として「放火のための放火」を繰り返す放火症がある。

その原因はうつ病性的虐待・性的葛藤との関連づけが試みられており、摂食障害や月経等との関係が注目されている[要出典]。巷間にいう、「月経と万引き」の関係などがこの例であるが、最近は統計的実証的研究から、性的偏見に基づく一種の伝説であるとの批判もなされている。

やはりここでも、性的葛藤やら、月経やらが出てきますね。
性欲が満たされないと人格が歪み、摂食障害、いじめ、痴漢、モラハラDV,売春、買春など異常な行動を取ってしまうらしいですが精神分析学では性欲といっても色々段階があるようです。それは
以前のブログにも書きました↓
http://jikantappuri.hatenablog.com/entry/2018/01/05/性欲が満たされないと人格が歪む説

性欲は人間の3大欲求のうちの一つですが、「食べることが好き」、「寝ることが好き」、と公言する人はいますが「性的なことが好き」と公の場で言う人は殆どいないし、性欲は恥ずべきこと、人前では抑圧すべきものとして扱われており、その溜め込んだ欲求が形を変えて爆発した時の破壊力は人生を台無しにするほどの威力があります。
若いうちからモテモテの人や、好き勝手に異性を取っ替え引っ替え出来る人はここまではならないのはニュースをみると明らかですね。(押尾学は除く)

やたら強い金銭欲で「女は金次第」を執筆し、逮捕されたホリエモンとか。
盗撮した新聞社の支社長とか(笑)

この手のニュースを見るたびに思うのは性欲とは、究極に言うと「愛されたい」欲求なのではないかと。今まで努力を重ね積み上げたものを一瞬で壊してしまう行動は心の叫びを体現しているようにしか見えません。

この方はマラソン選手で無かったとしても何らかの形で歪みを解消したのでは?と容易に推測できます。
この人はたまたま捕まっただけで、人の物を取ることに快感を得るタイプの人は結構そこら辺に普通に潜伏しているのでは?と思っています。