★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

天災は忘れた頃にやってくる★マキシマリストのすすめ

少し前まで買い置きはしない主義でした。
トイレットペーパーなどの消耗品も最後の一つになったら買う。食べ物もです。
買い置きは邪魔になるし、なくなればいつでも買えると思っていたからです。

7年前の東日本大地震ではトイレットペーパーがちょうどあと1つしかなく、慌ててお店に行ってもどこにもなかったので普通のティッシュペーパーでしばらく凌ぎました。汚れた紙は流せないので使わず貯めておいたジップロックを使いました。
ネットでも買えず、近所の人達も困っていました。
中々手に入らないため、関西に住む親戚に急遽送ってもらいました。

関東圏とはいえ、こちらは被災地からは離れており水道、電気などのライフラインは特に問題のない地域でさえ、この調子でした。

最近ミニマリストが流行っていますが、万が一の天災のことを思うとマキシマリストの方が安心です。
ライフラインが復旧するまでの間は洗濯も出来ないし、季節によっては服の枚数も必要になります。
余ったぶんは他の人にあげることもできます。捨てようか迷っている汚い靴やタオルも役にたつでしょう。

「天災は、忘れた頃にやってくる。」

今は物で溢れた我が家です。トイレットペーパーもストックが沢山あります。
少しスッキリさせたい。なんて最近思っていましたが、7年前の震災を思い出し、収納さえ出来れば物で溢れた暮らしもいいかな?と改めて思った次第です。