★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

過去の決断の積み重ねが、今ここ

今日は春分の日なのを昼近くまで忘れていました。いつも通り朝からテレビの前でゴロゴロしていたら会社に行っているはずの時間なのにモラハラ夫がドスドス歩く音で祝日だと気が付き慌てて忙しく家事をするふりをしました(笑)

変な音を立ててメッセージを送ってくるのでマジウザいです(怒)

四半世紀も前に知り合った当時は、毎日当時住んでいた実家に電話してくるので居留守を使う時が多かったのですが、居留守を使うとこちらが電話に出るまで10分おきに電話してくるような男で、うちの親も失笑していました。

しかもシツコさに業を煮やして電話に出ても、内容の無いどうでもいいことをダラダラ話して、話もつまらないし時間の無駄でしたので適当に相槌打って切ろうとすると怒りだすし「毎日優しく電話してあげてるのに冷たいじゃん!」とかとにかくウザい。はじめからウザい(笑)

優しくしてなんて頼んでねーよ!むしろ迷惑。と思いましたが、こんなにしつこくマメな男性は初めて見たのでこれを愛と変換したのは若気の至りであり、結婚したのは完璧な決断ミスでした。

またいつか機会があれば書きたいですが、このシツコさやマメさは単なる自己愛ストーカーゆえのシツコさということが判明することがありました。


それも逃げることはいくらでも出来たのにハッキリ「NO」と拒絶しなかった私の判断のせいでもあります。あまりに若すぎました。

世間知らずの10代、20代前半くらいで正しい決断なんて中々出来ないものです。

今は、ママ友との遊びでも気が乗らないお誘いは迷わず断ります。その時の気分で。
ちょっとこいつウザい。と思う人には距離を置いたりも出来るようになりました。
女同士のママの世界でもしつこく誘ってくる人が結構いました。しつこいのでしぶしぶ嫌々付き合うと、ますます嫌いになる人がほとんどでしたので直感て侮れません。

決断は、あれこれ考えるより直感で瞬時に判断した方が良い結果が多い気がします。

周りを観察すると、普通にこれを出来ちゃう人の多いこと多いこと。
嘘も方便で、時には適当なことを言って逃げるのもアリです。