★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

被害総額27億円!詐欺師の山辺節子に思う

過去を語った山辺節子容疑者。

被害総額27億円だそうで。よくぞこの歳まで逮捕されずにここまで引っ張り続けてきました。あっぱれです。
逮捕直前まで詐欺で得たお金で愛人に貢いでいた自称38歳,実年齢61歳。

バイキングに出演している芸能記者風の初老の男性(警察関係者かも?詳しくは未確認)に過去を色々語ったようです。

本人曰く、幼少期から男の人に可愛がられ、とにかく男性にはモテ続け、女性には嫌われ続けてきたようです。母親にさえも嫌われていたとのこと。

「母親にさえも嫌われる。」
ここに彼女の犯行の原点がある気がします。
金と男に執着して、晩年は刑務所で過ごすなんて羨ましくない人生です。
20歳過ぎた犯罪は自己責任。とは言いますが、こういう事件を見ると生い立ちや犯人の親が気になります。

「母親に嫌われている」
還暦過ぎた人の口から出るこの言葉がとても切なく胸が痛みます。

高校生になり男遊びにうつつを抜かす節子に父親は怒り、半ば無理やり20歳の時に結婚させるも、1男1女を産んでもなお、男遊びで離婚…

底なしの金銭欲と、還暦過ぎても男性を求める貪欲さから本当に求めているのは幼い頃に貰いそびれた「母からの愛=無償の愛。」ではないでしょうか?

こういう大きな詐欺事件は珍しいですが、程度の差はあれ似たような人はそこかしこにいます。
幼少期に不遇な環境で育つと生存の危機から身を守るため、異性を惑わせる妙な色気を身に付けてしまうのは致し方ないです。そうしないと生きていけないから。生存本能がそうさせるのでしょう。

愛されることを知らないから愛することもできず、愛の代償として底なしに金銭を要求したり、若い男に貢いだりしても本当の愛にたどり着けず晩年ニュースを賑わす事件を起こしてしまう。

男性から金銭を引き出す点では木嶋佳苗の事件とよく似ていますが、この人は人の命までは奪っていないのでまだ救われます。

年齢詐称や若作りが痛々しくなんとも切ない詐欺事件でした。