★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

パワハラ認定された栄和人監督 日本女子レスリング

今回、世間を騒がせた日本女子レスリングのパワハラ騒動は取り敢えずは決着したようです。

これは私の斜めから見た想像ですが、「こんなに世間で騒がれているし、事実はどうであれ、取り敢えず認定しておきましょうか。そしたら世間も大人しくなるでしょ。」
こんな大人の思惑が合った上での、取り敢えずの認定だったのでは?と
やるべきことから逃避し妄想してました(笑)

このような指導は今に始まった事ではなく、レスリングに限らずスポーツの世界は良くあることであったにせよ、ここ最近のニュースを見ていると、今までは普通であったことが普通でなくなる過渡期なのかもしれません。

まぁ、今回のこの栄和人監督の「雲隠れの術」を見ると、この方はモノホンのパワハラ加害者であったことは誰も否定しないと思います。

昭和では普通とされていた亭主関白や、雷親父、スポ根魂、スパルタ指導などはどこまでが正常なのかの境目が曖昧であり、平成の今は行き過ぎたものはモラルハラスメントパワーハラスメントという言葉にかわり、指導方法やコミュニケーションの取り方をガラリと変えざる得ない社会的な変化が訪れている時期なのでしょう。

もちろん、モラハラパワハラ、その他ハラスメントは撲滅せねばならぬ問題ですが、これだけ騒がれる世の中になると、指導する立場の人達は手加減し始めるでしょうし、そうこうしているうちに社会が少しずつ無秩序となり子供達にも変化が現れ混乱した社会が訪れるのではないかと予想しています。