★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

福田次官のセクハラ騒動★性欲が満たされない人生の末路

財務省の福田次官が女性記者にセクハラし、音声テープによる証拠もある。でも本人は全面否定…58歳、東大法学部卒…

なんだかもう飽きてきましたね。この手のニュースは。
ただ、女性記者が出てこないとこれだけでは本当にセクハラかどうかはわからないです。

私のブログの中で一番アクセスがある「性欲が満たされないと人格が歪む説」。

勉強熱心で、東大法学部から財務省に就職とは、親目線で見るとうれしいし、世間では「勝ち組」と呼ばれるタイプです。
子供達の同級生にもこんな感じの子供達がいますが、今の時点では心底羨ましいです。

そしてこの方は就職してすぐに、親から勧められた見合いで結婚。

つまり、全て親の意向に合わせた生き方をしてきたのはほぼほぼ間違いないでしょう。

こんないい歳した男女の性的な生臭いニュースを見ると、今の私のこの悩みは今だけで、将来は大丈夫だろうと勇気が湧きます。

抑えた性欲が爆発し、性風俗に通い、セクハラして世間を騒がす中高年だけにはなってもらいたくないと思います。

この手のニュースを見るとつくづく人生って面白いとおもいます。

子育て成功とか失敗って人生長〜い目で見ないと本当わからないものです。

子供が社会的に成功したとしても社会生活の最後にこんなみっともないニュースに取り上げられる人生は間違いなく、子育て失敗。ではないでしょうか??

ニュースには出なくてもアレコレしてくるオジサンは普通にいます。


反面、勉強せず学校サボり異性受けには力を注ぐ我が子たち…

私の一番の悩みのタネですけれど長い目で人生を見ると、十代のこの時期に、性欲の強いこの時期に、異性に夢中になるのはむしろ正常なのだと思います。

「遅咲きの狂い咲き」のオジサンおばさんの性欲がらみのニュースほど胸糞悪いニュースはないです。