★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

生物学的な負け組に神は知性を与えた説

刺されそう(笑)あくまで仮説です。巷でもたまに耳にしませんか?

これは勝手に10代の頃から密かに思っていた説ですので必ずしも全員に当てはまりません。特に女性。


この知性とは、主に学力、知能、学歴のことです。

学生時代から大人になるまで、東大やら、ハーバード大に入るような突き抜けた人は(ほとんどお目にかかれないほどの秀才)見た目が個性的(痩せすぎ、小さすぎ等)だったり、オドオドしてコミュ力が無かったり、見た目は普通でも声が変だったりして恋愛対象にはならず、スクールカーストの中では底辺もしくは、どこにも属さない空気的存在だったりします。

知り合いの息子で、リア充でコミュ力の高いイケメン東大生がいます。こんな全てを与えられた子供っているんだ!いいなぁ。なんて羨ましがられています。何も知らない人たちには。両親も美男美女で金持ちだし何も知らない人たちからは嫉妬の対象です。

この子は子孫を残すためのとある身体的部位が生まれつき欠損しています。欠損というか、平常時の長さが3mmしかないようです。痩せ型なので埋まっている訳でもなく。

その部分は見たことはないのですが(当たり前ですが)母親談です。実は男性にとって、こういう下のコンプレックスが一番根深く闇が深いです。なぜなら、

残酷ですが、お金や努力でごまかしが効かなく、生物としての最下層といっても過言ではないからです。

中高年の変なおじさんと遭遇するたびに、生物としてのハンデと知性の反比例はあるとティーンの頃から思っていましたが、大人になってニュースや時々身近で聞く裏話により、この説は中々の線をいってるな。と思ったものです。

それでも生物として生まれたからにはある年齢になると本能的に異性を求めているわけで。

一部の人は努力を重ねて、地位やお金を手に入れてから当時叶わなかった小中高生に手を出しお縄になったり、ニュースを騒がせたりします。そこまで行かなくてもロリコンの性癖を密かに持っていたり。

全てが平均的であり、バランスが取れた人が実は生物学的には勝ち組なのでは?と思います。

財産、学歴、容姿など突飛した部分がある人はその分、同じくらい突飛した闇を抱えていたりするものです。

闇の部分、特に性癖、身体的コンプレックス、心身の欠損部などは、よほどのことがない限り人には言わないので表面だけ整えればかなり誤魔化しはきくものです。

この説が正しいとしても解決策はなく、心苦しいですが置かれた場所で折り合いをつけながら生きていくしかない。

中々難しい問題です。