★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

働きたくない者は食べてはならない

おはようございます🌞
今日もお立ち寄りありがとうございます😊

「明日から梅雨みたいな天気らしいから今日は沢山洗濯しといた方がいいよ!!」と早朝から下の子の野太いガナリ声で起こされました。

こちら関東は明日から少し天気が崩れるみたいです。梅雨みたいな天気?しばらく雨が続くということか。

ということで布団カバーなどの大物を洗濯しまくり中です。

昨日、図書館で随筆コーナーを見て回っていたら曽野綾子さんの「働きたくない者は食べてはならない」が目に入りました。
これは、聖書にも書かれているようです。

ドキッとしました。読む勇気がないので借りはしませんでしたがかなり気になります。

「働かざる者食うべからず」といいますが、専業主婦は一応、家事全般を担っているのでお金は発生しないけど労働には変わりないです。

でもできるなら家事も仕事もしたくない(笑)。

実際全て放棄するとなると「食べるのは申し訳ない」となりますが、私の知っている狭い範囲のニート達は、家事も仕事もしないで3食キッチリ食べて、お小遣いも多少貰っています。

そして、中には思い通りにならないと親に攻撃的になる生意気なニートもいるようですね。


ニートと、それを甘やかす親も、キリスト教からすると罪を犯していることになるのでしょうか?

人間を含め動物は食べないと生きていけないし、働きたくても働けない病気ならしょうがないと思います。

となると罪悪感もなくそこに甘んじているニートは病気なのかもしれません。

今度は勇気を出してこの本を読んでみようと思います。