★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

その人の生き様は、死去した時にわかる 西城秀樹さん死去

おはようございます🌞
今日もお立ち寄りありがとうございます😊

毎年のことですけどいよいよ暑くなってきましたね。

暑くなると汗をかくからか腎機能が低下するようで尿量が減り脚が浮腫みます。
30代で亡くなった父は腎不全も患っていたので、腎機能が低いのは遺伝かもしれません。

西城秀樹さんが急性心不全で亡くなりました。幼い頃からテレビで見ていた人が、次々亡くなっていくとやはり寂しいです。
同じ業界の人たちが涙涙で思い出を語っています。
芸能人の訃報は時々ありますが、ここまで同業者が涙で声を震わせるのはあまり記憶にないので、最期まで素敵な生き方をした方なのだとわかります。

お子さん達もテレビに出ていましたが3人とものびのびと育っている感じでとても可愛いかったです。そしてお父さんを尊敬しているのが見てわかりました。


いつ何時命の灯火が消えるかは誰にもわかりません。

死ぬのは怖くないけれど、急に死ぬのは残された者(子供達)が心配というのはあります。
西城秀樹さんも、まだ成人前の3人の子供を残していくことは心残りだったでしょう。

ファンというわけではなかったですし、年代が違うのでイメージですが、存在感があり、声が大きく、豪快で大きな赤い炎のようなパワーを感じる男らしい人でした。
見ているだけでパワーを貰えるようなパワフルな人って素敵です。

それに比べてうちのモラハラ男は、唯一のコミュニケーション方法は、無視と音、口を使うのは通りすがりにボソッと嫌味をいう時のみ、存在感がなく、ねずみ色の陰キャラパワーを身にまとい墓石のような雰囲気で、同じ空間にいるだけで勝手にパワーを吸い取られる。

そして皮肉なことに長生きしそうな予感しかない(苦笑)

子供達とも何年もまともな会話をしていないし、私よりも細く長く生きたとしても誰がこの人の葬式をするのか、それだけが気になります。

こんなモラハラ夫にも、1年に1回だけ会う、20年以上の付き合いなのに敬語で話す友人らしき人が一応1人だけいるのでその人が何とかしてくれればいいですが。。

この世を去る時に、涙を流してくれるような人が1人でもいてくれるような生き方をしたい。と今回の訃報で改めて思いました。

西城秀樹さんのご冥福をお祈り致します。