★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

働けよ!って言われるとさらに勤労意欲が下がる件

おはようございます🌞
今日もお立ち寄りありがとうございます。

現在、4人家族で、基本夫だけの稼ぎで基本の生活費はまかなっています。

子供達はそれぞれ大学生と高校生、アルバイトを週2回か3回位しています。数時間なので学業に支障はない程度ですが。。

つまり家の中で無職なのは私だけなのですが、私のお小遣いは、溢れた不用品を売ってなんとかまかなっています。

高校生の子供は受験生なのでバイトはそろそろ辞めます。今までの稼ぎは全てファッションや交際費、飲食に費やしたようです。貯金はゼロ。金遣いが荒いです。

バイト代の他にお小遣いは大体月に5000円くらい、それ以外に1日置きに昼代として1000円、部活の遠征、参考書、美容院に行ったりと毎日のように何かしらの小銭が飛んでいくのです。

ちまちま渡すのも大変なのでまとめて渡してやりくりさせようか考えていますが…

必要経費は、通学定期6000円、月1の美容院3000円、お小遣い5000円、昼代10000円、これだけでも月に24000円!!
お昼代はお弁当作るのも、学食で食べるのもそれほど金額的には差はない気がします。結構充実したカフェテリア形式の学食があるので手間を考えるとお弁当よりいいかもしれません。

お小遣い5000円というのも、部活帰りにちょっと飲み物やパンやお菓子を買うとすぐなくなるので足りないかな?と思うのは甘いでしょうか?

最低限で24000円なので、ここに部活の遠征費、参考書や、コンタクトレンズ代など加えると1人だけでも最低限でも結構お金がかかります。ざっとですが大体1人で4万は最低限必要です。

大学生の子供も毎月同じくらいかかります。

必要経費は2人で8万位。

改めて書き出すと、結構な額です。

学費だけでも2人で200万以上かかる上、さらに塾に行きたいらしい…

昨夜下の子が、美容院に行くのに時間がないからと通学定期を使わない経路で行くとのことで、さらにお金を請求してきました。時間がないのも見通しの甘い自分のせいなのでそれは自分で払っていただきたかったのに逆ギレされました。

さすがにこちらも連日小銭をせびられ腹が立ちました。

請求すればいくらでも出すと思っているのか!と、ちょっと言い合いになりまして、子供は「ケチ!」「おばさんなのに大学行くから金がないんだろ!」「金ないなら働けよ!」とか言われて腹が立ちました。


こんな奴を楽させるために働くのは無しだな。と改めて勤労意欲が枯れました(笑)

公立より私立高校に行きたい!とワガママを通したくせにいざとなると勉強はしない、勉強しないから深海魚となり、さらに補修塾に行きたいと言い出す。その先に予備校も行きたいらしい。

お小遣いは少ないだの、ケチだの言われて、だったら初めから公立行けよ!って話です。うちは金持ちではないのだから。
それを言うと「働けよ!」ときます。「だったら勉強しろ」です。


たしかに周りを見渡すと子供の学費や塾代のために働くお母さんがほとんどですけど、それを当たり前のように享受し、さらなる要求をしてくる子供がどれほど世の中にいるでしょうか?


甘やかして育ててしまったからか、元々のパーソナリティがそうさせるのかわかりませんが頭を抱えています。