★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

あの坂をのぼれば

午前中、箱買いの夏蜜柑20個分の皮剥きをしたら1時間もかかりました。20個を目の前に積むと剥く前からヤル気をなくしましたがまずは1つ剥き2つ剥き、中々減らない蜜柑を見ては、今日はこれで止めておこう…と何度思ったことか。

あと残り5個位になった時に、小学校の国語の教科書に載っていた「あの坂をのぼれば」という詩を思い出していました。

あの坂をのぼれば、海が見える。少年は朝から歩いていた。草いきれがむっとたちこめる山道である


ではじまる詩です。覚えている人も多いはず。

途中、詩の中の少年になりきり、もくもくと皮むきを頑張りました。

この皮を剥き切れば、ゼリーが食べられる。オバハンは朝から皮むきしていた。
(パロってみても全く面白くない)

果物は好きなので季節の物を箱買いしていますが、案外全て食べ切れず、放置しておくとすぐに下の方からカビたりするので早いうちに加工しようと思い立ちました。

20個分の蜜柑は大鍋の半分位の量なので砂糖を混ぜて半分は冷凍、半分はゼラチンを入れてゼリーに。

その苦労して皮を剥いた実で作った大量のゼリーも、帰宅後の子供たちと一緒に食べたら一瞬で無くなりましたとさ

お粗末様でした(とほほ)