★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

生きるのって大変だけど、それでも前向きな方がいい

おはようございます🌞

観測史上、最速の梅雨明けだそうで、農作物や水不足は大丈夫なんですかね??
また野菜の価格が高騰されたりするのは困りますよね。

数年単位でジワリジワリと地球のリズムが崩れてきているような気がします。
現在の地球環境や異常気象は、人間でいう更年期障害のようなものなのか、はたまた
森林伐採、自然破壊だので、積もり積もった不摂生が晩年、生活習慣病を発症する人間に似ていると思うのは私だけでしょうか。

話は飛び飛び、今朝は悪夢を見て早めに目が覚めました。
何人もの暗い人間がこちらに向かってのっそりのっそり歩いてきて、人間とは言えないゾンビのような暗い男女が集団でしつこく何か要求をしてくる夢でした。逃げても逃げてものっそりと追ってきて、最後に「元気そうじゃん」とリアルな男性の声が聞こえ恐怖で目が覚めました。まさに悪夢でした。わけわからないです。モラハラ加害者のような、感情が欠如した人の形をした地獄の住人って感じの人達でした。

そして最悪の目覚めの後、十八番の洗濯干し、床掃除に始まり、早めに夕飯のことを考えています。料理は恐ろしいほどレパートリーが少なく、家族は文句を言いながらも結局何でも美味しい美味しいと食べるため、キッチンに立ち始めて腕が上がらないまま約四半世紀が過ぎようとしています。

昨夜、スーパーで3割引になっていた牛肉のブロックを買ったので初のローストビーフに挑戦します。今はネットで調べればありとあらゆるレシピが載っていますので、その気になれば何でも作れるんですよね。
何事もやる気次第ということです。


前振りが長くなりましたが昨日は、福祉や家族支援に関する勉強会に行ってきました。
老若男女が集まり、支援を受けている当事者はもちろん、家族、親戚、友人、職場で支援する側や、私のようにただ傍観しているだけだけど知識得て、理解はしたいという人達が沢山集まっていました。

家族や自分自身に何かあってから受けられる行政の支援は沢山あるけれど、あえて周知していないのでまさに「無知は損」してしまうのだそうです。
先に知っていて損はないような情報を得られました。

なぜ、この勉強会に申し込んだかというと、友人や知人に障害児が生まれたり、義兄がニートだったりと割と人生ハードモードの人達が身近におり、何もできないけれどとりあえず知識や理解を得て、現場の声や当事者の気持ちを聞きたいというのがあったからです。



人それぞれ置かれている状況は様々ですが、たとえ障害が無くてもどんな状況であれ、何かしら不満やストレス、悩みはつきものです。もちろん我が家もです。

たまたま私の狭い範囲の周辺だけかもしれませんが、表面的にはわからない問題を多かれ少なかれ抱えているものだなと。

夫婦仲良しでも、子供に障害や問題があったり、不妊で悩んでいたり、文武両道の眩しいほどの子供がいても、お母さんはご主人の浮気で苦しんでいたり、家族円満だけど収入が低過ぎてお金の苦労をしたり、独身で気ままに暮らしているものの孤独を感じ、未来への不安を感じていたり。

悩みにとことん飲み込まれ視野が狭くなり、暗い日々を過ごすのは勿体無いな。とはたから見ると思うのですが、当事者側からすると悩みが大きければ大きいほどその負のスパイラルに飲み込まれ脱出するのに時間がかかるものです。

8050問題の渦中にいる宗教依存の義母を見ていると、悲壮感はなく、やたら前向きで口癖は「大丈夫大丈夫」、本人曰く「幸せ」だそうです。
お金も無さそうだし、何かあると3人の子供のうち、唯一普通のサラリーマンのモラハラ夫に保証人頼んだりしてきます。

全然「大丈夫」ではないと思いますけど、暗い顔して愚痴ばかり吐いているより、本人が明るく前向きで幸せを感じているのであれば、それはそれで良いのかもしれません。