★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

そんなに長生きしたい?だとしたらなんで??

おはようございます🌞

健康診断や健康グッズや病院好きな人を見ると、そんなに長生きしたいの??だとしたら何故?と思ってしまうのは、性根が歪んでいるでしょうか?

まだ40代なのに通院がライフワークの一つになっちゃっている人を見ると、「何でなん??」と思わずにいられない。なんか楽しそうだし。謎すぎます。

子供がまだ小さい、ペットがいるから、まだまだ夢がある、成し遂げたいものがあるとかだったらまだわかりますけど…

義母なんかは「お金無い無い!あーお金お金」とか言っている割に、健康グッズを次々買いまくったり、健康食品買いまくったりしています。そりゃお金も無いだろうと思います。お布施もしてるし。持ち家じゃないし。
思い当たるとしたら、家に50代のニートがいるから(モラハラ夫の兄)先に死にたくないのかもしれません。
なんか、色々間違ってる感じがしますが、今の所はこちらに害はないので好きなようにやればいいと思います。


特に現在、これといった夢も希望もなく、子供も大きくなった今、別にいつ死んでも悔いはないかな?と思うことがあります。だから、生へ執着しているような人を見ると不思議に思うのです。
わたし、空の巣症候群ですかね?それとも生物の本能?

今まで「死にたい」とは思ったことありませんが、少し具合が悪いだけで病院に駆け込むとかもメンドくさいし、30歳超えてからは健康診断結果と共に「要精密検査」の封書が毎年届き、精密検査しても何もないということが続いたので行くのがバカらしくなりました。

と強がりつつ、実際、要精密検査の封書を見るのは毎回恐怖だったのは事実です。

結局なにもないなら医療費も無駄だし、結果が出るまでの恐怖の時間も無駄だし、恐怖を感じるということは死ぬのが怖いのか?とも思うし、だけど別に長生きしたいとも思わないし。

なにが言いたいのかよくわからないけれど、いわゆる中年の危機の真っ只中なのかもしれません。

孫の顔が見たいというのはありますが、先日、子供達が「俺たちは30歳までは結婚しないからね」と言っていました。

わたしは割と若いうちに産んだので子供達が30歳超えて親になってからでもまだ50代前半なのですが、できれば孫は早く見たい。

長生きしたいとは思わないけれど、孫は見たいです。