★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

待機児童問題ねぇ…

こんにちは。
そういえば今日から9月ですね。あと3ヶ月で今年も終わると考えると、ほんと1年が早いです。
子供がいる家庭は長い夏休みも終わりほっとしているのではないでしょうか?

雨の日の朝早く、前後防雨カバーで覆われた電動自転車に跨がり、パンパンの荷物を両肩にかけレインコートを着て全力疾走するご近所のお母さんを何度も見たことがあります。

就学前の子供でも保育所に通っている子は長期夏休みもなく毎日通っているようです。

朝からお母さんも大変そうで疲れるだろうなと思いながら半ば他人事で見ていました。


うちの地域は待機児童が多いらしく、乳幼児は特に激戦のようです。
東京都内だと、どこの保育所も同じかと思います。

待機児童問題とはいっても3歳以降は幼稚園に行く子もいて割と余裕があったりするので、預けるところも保育士も足りないというのであれば、子供を産んだ人には3歳までは育休制度を一律で導入とかした方が早くないですか?と素人主婦は考えます。

中には兄弟でそれぞれ違う保育所に預けて働いているというお母さんもいます。


乳幼児を預けて働く事情は人それぞれですが、実際周りの何人かに聞いてみたところ、自己実現のためにはじめた仕事のため?とか、専業主婦が逆に辛いから。という理由の人も結構いました。それだけの理由で激選区の保育所の乳幼児枠にお子さんが滑り込めるとは思えないですが、どうなのでしょう。

保育園は本来なら何らかの理由で「保育に欠ける子供」のための福祉施設としての役割が、いつの間にかそうではない人達も預けて働く時代になったのも、待機児童が増えている原因となっているのだと思います。

育休後の4月入園を狙うために、バースコントロールまでする人も普通にいるらしい…

就活、婚活、妊活、保活、終活と何でもかんでも計画的に備え、我先にと情報を仕入れないと損をするような時代にいつの間にか変化していますけど、めんどくさい世の中になったもんだと、話聞くだけでお腹いっぱい。

「みんながやってるから私も」と我先に何でもかんでも貪欲に、情報に流されるようにはなりたくないなとつくづく思います。疲れそうだし。

取捨選択しながら最小限の労力でその時の状況に合わせた自分なりのベストを選ぶ。
これが私には良さそうです。