★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

お手洗い

おはようございます。

お手洗い=トイレですが、なんでお手洗いと言うのか?ふと床拭きしたあと手を洗いながら疑問に思いました。

調べると、便所をお手洗いと言うようになったのは昭和に入ってからで、排泄した後は手を洗うから「便所」と言うよりは湾曲的に、より上品に「お手洗い」と言うようになったそう。

たしかに「便所」って字のまんまだし、下品ですよね。

へぇ。そうすか。だから何?って話ですが、子供の頃、小学校に入ってから生まれてはじめてハンカチはポケットに入れて持ち歩くものと知ったほど躾をされて来なかった私は、ここだけの話、未だにおそらく人より手を洗う頻度は少ない。

石鹸を使ってまで必ず洗うのは、料理の前と、食器、顔を触る前と、トイレも基本は大の時しか洗わない。小の時は手が紙以外に触れた時のみ。

そもそも外出時にハンカチを意識的に持つようになったのは出産してからで、それまでは外出時は拭くものが備え付けられていなければ髪の毛で手を拭いていた笑。
学生の時は、人のハンカチか髪の毛か服か自然風で乾かし、働いていた時はエアタオルがあったし、最近まで自分のためにハンカチを買ったことがなかった。

今はハンカチはあってもエアタオルがどこにでもあるのでそれを使っている。

今も昔も帰宅時に手を洗わないし、うがいもしないけど、風邪は子供の時以来はほとんどひいていない。

不潔?なのか?たぶん。

それさえもわからない。だって手の菌なんて目に見えないし。

けれど、子供達の幼稚園では頻繁に手洗いさせていたし、小学校ではレモン石鹸がミカンの網に入れられたのが水道にくくりつけられていたし、どうやら今も昔も一般的に手を洗うことは大事なことのようだ。

手洗いの大切さを未だにわかっていない私のせいか、子供達もハンカチを持って出かける習慣はないし、まぁ男子なのでいいですが、個人的には、汗をハンカチで拭いたり、トイレに行く時ハンカチを持っていく男性は品があって好き。

ハンカチを持つ習慣がない子供達は、なぜか帰宅後やご飯の後に石鹸で手を洗う。誰に教えてもらったからとかではなく、そうして手を綺麗にすると気持ちがいいらしい。なるほどなるほど、いいんじゃない?笑

お風呂も好きだし、いつもいい匂いだし清潔だなぁ。と感心します。