★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

風習や暗黙のルールや一般的な躾を軽視する人

おはようございます。

(生理前かなんかイライラしているので閲覧注意です。今日は読まないでいいからね。)

自分が周りの人と明らかに違うと、落ちつかないような気持ちになるのは、大人より子供の方が大きいようです。

悪い意味で「我が家は、よそと違う」という事実に子供の頃にダメージを食らった記憶があるし、私も自分の子供を「一般常識」から外れた風習で間接的に傷つけた経験があります。

はっきり言いますと、タイトルのような人物と一緒にいると恥をかいたり損をします。
できれば関わりたくないし、近寄ってきたら多分スルーしますし、まずこちらからは絶対近づかない。ヤクザやホームレスは見た目でわかりやすいが、一般の人でもなんとなく雰囲気でわかります。

タイトルのような人でも、驚くほど飛び抜けた才能があったり働かなくてもいいお金持ちだったら誰にも迷惑かけないし、いいのです。集団に属さなくても生きていけますし。


あと、タイトルのような親の子供なら、集団に馴染めず本人が悲しい思いをします。

多分タイトルのような大人って、本当の意味で孤独な人が多いんじゃないかな?

しかも人生の早い段階から。

それがわかっている親は風習や躾を、子供がせめて不幸にならないために、身につけさせようと苦労するのです。

例えば、学生の頃の課題の提出期限て、期限守らなくても法的に問題はないけど、こういうルールを遵守するのって、社会に出た時のための訓練ですよね。

住宅ローンやクレカの支払い期限とかも1度でも忘れて滞納すると大変なことになるし、
それ以前に、光熱費や携帯電話の料金を頻繁に滞納するようなだらしない人って、金融機関の信用情報のブラックリストに乗るから、そもそも住宅ローンが組めないんだってさ。

クレカとかも一度滞納したら、そこから何年かはブラックリストから外れなくて、信用を取り戻すのって大変なんだな。と。

クレカ人生25年ですが、1度クレカの引き落としの日付を間違えたことがあって、1日支払い遅れただけでも、すぐカードの使用を止められましたからね。しかも銀行がお金を貸してくれなくなるらしく、厳しすぎるけど、そりゃそうよね。割と最近の話です。

息子、特に長男が提出期限を守らないんですよ。何でもかんでも先延ばしするんです。小学生の頃から、課題とかの。うるさくいっても守らないし、それで成績の評価が下げられても、本人気にしないみたいで。
携帯電話の支払いも何度か滞納したし、本当心配。
けど、もううるさく言わないことにしました。

子供って厳しく躾しなくても、案外目で見えることは親の真似をするので、例えば生活習慣とか、
基本うるさく言わなくても大丈夫なんだけど、

やっぱり昔から一般的に世に受け継がれている生活の躾は、やっていて損はないし、身につければプラスにはなりますよね。

その家庭によってこだわりポイントは違いますけど、箸を正しく使う、好き嫌いなく食べさせる、挨拶はしっかりする、とか生活の基本的なことを教え込むのは、親の仕事です。


教え込まなくても、親の姿みて自然と学ぶけれど、間違いを何も躾しないでおいて外で傷つくのは子供なので…

別に風習や、暗黙のルールは、法律で定められていないので、

TPOに合わない装いで式に参加しようが、
大人なのに握り箸しようが、姿勢を正さずだらしない猫背で生活しようが、
年賀状やお歳暮を貰ってもお返しはおろかお礼しないで無視したり、元旦にお節は嫌いだからと残り物のクリスマスケーキ食べたり、

いいんだと思いますよ。それはそれで。


そういうことを子供の時から躾として親から何度言われても忘れたりしてできない人もいるとは思うんですよね。
多分、それは医学的な問題かもしれないのでしょうがない。

正直、病気や障害があるわけでもないのに握り箸の大人や、最低限の礼儀がない大人って一緒にいると恥ずかしいな、って感じです。挨拶や礼儀にかける人は、そのうち周りに誰もいなくなるでしょう。

公立小とかだと、入学式や卒業式なのに、ボロボロのフリースやパーカーとかの普段着で参加するような親が学年に1人か2人くらいはいたな。お金がなかったのならしょうがないけど、借りられる手段や、スーツを貸してくれる知り合いもいないのか?と。

そういうことなんですよね、結局。

集合写真も撮るし「子供がかわいそう」だと思いましたが。その子供もやはり集団に適応できていなかったし。

子供の世界では、そこの文化から大きく外れたことをすると周りから傷つくことを言われちゃうんですよね。

日本とは限らず、外国でも同じですけど、変えようがない、生まれ持った肌の色や育った文化がそもそも違うだけでもイジメられがちなのが子供の世界なのでね。

だから親は子供が「悲しい思い」を少しでもしないように、良かれと言われている住んでいる国の文化に合わせた「躾」を子供にするのです。


何も身につけず集団生活に入れば、一定の人から間違いなく距離は置かれるので、そこを
「イジメだ!」と被害者意識を持たなければ、それが自分自身楽なのであれば、
そのままでいてください。

でも、そういう他人からの否定を気にしない子供っているのでしょうかね?

個人的な経験で、我が家は寝るときに家族全員パジャマではなく、Tシャツ短パンなどの普段着みたいな格好で寝るんですけど、子供の幼稚園のお泊まり会でもパジャマ代わりにTシャツ短パン持たせたら、そんな子うちだけだったらしく
「えー!それパジャマじゃないじゃん!服着て寝たらいけないんだー」ってみんなに言われた…恥ずかしかった。とたった5歳の子供を、親の文化により間接的に傷つけた経験が忘れられない笑

50人いる中で、寝るときにパジャマを着ない子は、うちだけだった衝撃。

家での普通が、外では異常だったりするのです。

医学的に問題がないのに、猫背で握り箸でご飯を食べちゃうような大人は多分、躾されていないか、躾に反発する人格的な問題があると思うので、早い段階で孤独な状態ではあるのでは?

孤独好きな人もいるのでそれはそれとして、

やっぱり皆と違うと、子供が悲しい思いをするんですよ。

でもいいんです。躾やルールや風習なんて糞食らえ!なんていう考えの人も中にはいますから、まぁ滅多にいないけど、
そうだな、学校で言えば、1クラスに1人いるかいないか、学年で数人、そのくらいなので、

孤独の覚悟でしたら、そのままでいいと思います。
でも、凡人にはそれって随分損だよな。

中にはそんな個性に魅力を感じてくれる稀有な人はいるかもしれませんが。見たことないけど笑

風習や躾を軽視する人が親だと、子供の人生は、わりと茨の道だろうな。

住んでいる場所での最低限の風習や躾を身につけるのは、幸せの為に身につけるのではなく、「郷に入れば郷に従え」ではないけど、他人に不快を与えない上、周りと協調することにもなるし、最悪、本人が不幸で孤独にならないためのものではないかな?

だってここは日本なのです。

あまりに親がきつくシツコク言いすぎて、子供側がその躾を拒否する場合もありますが、それはそれでしょうがないので諦めるしかない。

そこで躾を放棄しても、外の世界で親と同じことを人から指摘されて、矯正されることもあります。

躾やその家庭の風習を子供にシツコク無理押し付けたら、世間ではそれが例えプラスにしか働かないことでも、下手したら子供から死ぬまで恨まれますからね。

世間から高学歴、高収入で安定した羨ましい職業についている人たちの中でも、

中年にもなって、小さい頃から無理やりお勉強させた親をいつまでも恨んで精神病んでいるような人もたっくさんいるんですよね。

お勉強しなかったら、他人から羨ましがられるどころか、今より悲惨な人生だったかもしれないのにね。

色んな人を見ているとドラゴン桜の「バカとブスは東大に行け」ってフレーズって、なかなか的を得ているなと思います。でもさ、努力して東大入れる資質を持っている時点でかなり恵まれているんです。

恥をかかない程度の一般的な躾と、生まれつきの資質は親からのギフトだと思っています。

個人的には、子供に対して、その家庭ごとの文化や風習、一般的に良かれとされている躾をするのは、親の愛情の一つと思っていますが、逆に恨まれたりすることもあるので、子育ては大変なんです。
そのさじ加減が、ね。


今の私には考えられないけど、そういうあらゆる期限やルールや風習などの縛りから逃げて、好きなように生きていくのもいいかもね。人に迷惑さえかけなければ。

でも多分、待ち受けているのは、自由という名の、孤独。多分、才能やお金があってもね。

その完全なる孤独に、耐えられなくなった人たちってどうなるんだろうと考えてみると、ゾッとします笑

だから今日も朝から子供達の「普通」の未来を願いつつ、不毛とも思える小言を言ってしまうのでした。