★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

投資と対人関係

ちょっと気がついたことを忘れないうちに書いておく。

年明けの子供の受験料やその他経費のために80万ほどモラハラ口座からネットバンク経由で拝借し念のため現金を手元に用意しているのですが、1枚、また1枚と減っていきます笑

この中から受験料支払って、残りはモラハラに返還だからこんなには使わないので一時的に手元に余裕があります。

現金があると気が大きくなり、ついつい余計なものを買ってしまうんですよ。本当駄目女ですね。お金は人の財布を緩ませる魔力がありますw

いつもは手元に現金がほぼなくてもカードさえあれば十分生活できるので、自然とカードが使える店しか行かないのですけど、
現金しか使えない店にはそこでしか買えないものがあるのでここぞとばかりに諭吉が飛ぶ!!笑。

支払いは1月以降なので、手持ちの現金を、先日ブログに書いたソフトバンクIPOで増やそうかと証券会社の口座に入れ笑、
手持ちの80万のうち、ギリギリの500株75万分、買う気マンマンでしたが、

直前でポチッしなくて、ほんとよかった。減るところだったわ。

投資歴20年で、トータル大損していますが、危機管理能力がいつの間にか備わっていたらしい。その時たまたま頭が冴えていて判断力があったからかもしれませんが。

多分私が投資で損する理由は一つ。損切りができないのです。多分他の投資家の人も儲かっていない人は同じようなパターンかもね。

風向きが変わっても、「少しまてば元に戻るのでは?」とかすかに希望を持ったりして、バサっと切り捨てることができない。
そしてそういう時はとことん悪い方へ進むもので。

思えば、人付き合いも全く同じですね。男女ともに付き合う前なら「なんか変」という違和感でバッサリできても、その時たまたま判断能力が鈍っている時に間違って付き合い始めると、

プラスにならない関係でもバッサリきれず、ズルズル続き、トータルで大損する所が。そして、今がある…


投資と対人関係に対する向き合い方は、とても似ているが、ゼロになる前にバサっと切り捨て諦めることも時には必要だけど、人には情があるから物のように簡単に捨てることができない。

ひょっとして、情が薄くて冷酷な人が投資には向いているのかもね。そんなことに気が付きました。これが正しいかはわからないけど。