★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

人の為に働くこと

おはようございます!

寝るときにお腹と足に電気毛布をかけて、エアコンは消して寝るようにしたら乾燥しないし暖かいし、とても良い感じ♩

家にいることが多い私ですが、
できれば、家事も仕事もしたくない笑。もう、しょっちゅうこんなこと言っているけど、ひょっとして更年期なのかな?

こないだのミッションは年に1度のベランダの床掃除でしたが、デッキブラシでこすってもこすっても汚れが取れない床に水を流し、またこすり、水を流し、を繰り返していたら今度はデッキブラシ自体が汚れの塊になって、それでこすると床が汚れるという不毛なお掃除笑。もう、つくづく嫌になりましたよね。普段からここもコツコツやればいいんでしょうけど。

同じことを繰り返し言っていますが、ただ言うだけで、今までなんだかんだ全てを放棄することはなく、日によってやる気の変動はあるが、毎日何かしらしています。

ここ5年は外で働いていないけど、自分のお小遣い程度なら買い物好きを逆手に売ったり買ったりで回転させて稼いでいるし。これは俗にいう自転車操業だがw


まだ子供達が学生で同居、もちろんモラハラ氏とも同居しているので、彼らの洗濯やらご飯やらを作るのが仕事と言えば今の私の仕事なのですが、
さらにフルタイムで働いているお母さんは、本当凄い。
一時期フルタイム勤務したけど、子供とのコミュニケーション、掃除、料理とか何かを犠牲にしないと私には無理だった。

うちの母も、パートとはいえフルタイム勤務だったからか、いつもヒステリックで今も恨んでいるところはあるけど、大変だったんだろうな、毎日。疲れやストレスって弱い者に行くよね。わかるわ、それは。

こんなに義務感いっぱいで日常を過ごしてしまうんだから、一人暮らしだったら、セルフネグレクトしちゃうのかな?と想像することはあります。


自分のために、ご飯を作らず、掃除せず、洗濯もいよいよ着るものがなくなってからやる。とか。

一人暮らし経験がないので想像がつかないんだ。

その状況になったらなったで、最低限の生きるための家事や仕事はやるのだろうけど。

けれど、メンドくさい、放棄したい、と時々思いながらも、人の為に働くことができる状況って、実は幸せなことなんだろうなぁ、
と少し前から思うのです。子供が大きくなり気持ちに余裕が出てきたんでしょうね。

人のために働くというのは、別に家族に対してだけではなく、有償、無償関係なく、自分を必要としてくれている人のための労働のことです。

これも度を越すと不健全な関係にもなりうるので中々さじ加減は難しいけど、

何をするにも自分の為だけでなく1滴だけでも「人の為」エッセンスを加えて行動したいし、多分今までもそうしてきたんだと思う。

これから先、子供達が巣立って、モラハラと離別か死別で完全に1人になったら、多分今の状況を「あの時は幸せだったな」って懐かしがる気しかしないんです。

別に家事だけではなく、外での仕事がお金を稼ぐのが目的だとしてもそれが、1mmでも人の為になりそうなものだったら、それは中々幸せなことかな?なんて。

なんだかんだと毒舌吐いても、おそらく人の為に何かをする。というのが、好きなんです。いつからなのか思い出せないんだけど。


長女だからかな?

今年も残すところあと4日。今日のミッションはリビングの照明交換とクリーニング受け取りと不用品発送です。

またお越しくださいね♩良い1日を!