★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

熟年離婚は貧困生活への片道切符かも。

おはようございます。
今朝は暑くて目が覚めました。
最近、朝起きる時間が遅くなり生活リズムが夜型になっています。

わりと堕落した生活してます。

モラハラ的には、朝から他の家族がテキパキ元気にしていると逆に嬉しくないらしい。

他の家族も朝は抑うつっぽく大人しくしてくれている方がお好みっぽい。
何かの病気なのかな?こういうの謎なんだけどw。

こういう24時間、365日、万年抑うつみたいな奴でも会社は毎日休まず行っているのでそこは、とてもありがたいんですが、

うちは今までなんども離婚危機がありまして、ムカつくことがあるとすぐ離婚が脳裏にちらつくんです。

周りのモラハラ持ちの奥様も同じようなもので、だけど誰1人として離婚はしていない。


妻がそれほど稼いでいないから。というのが一番の理由だろう。
子供がいるとお金もかかるしさ。


結局、文句言いながらも現状にとどまっているのは、自分で自立するほど稼ぐ覚悟がないのと、少し我慢すれば何とかなる。という甘えもあるんだよな。

シングルマザーでもバリキャリの人なら躊躇なく離婚して、自分の人生を謳歌してますよね。
そういう人は尊敬というか、別の世界の人って感じ。そして、かっこいいと思う。


働くのが好きならそういうのもありだよな。
どこに属しても気にくわない奴はいるもので、

それが職場か家か、そのどちらも、となるとさすがにキツすぎる。
この人生罰ゲームかよ!思った時あったもんw

自力で経済基盤を整えられるポテンシャルのある人ならいつ離婚しようがいいんですよね。離婚後もさほど苦労しないでしょうし。


熟年離婚した50歳後半のシングルの人のブログを見ていたら、安易に熟年離婚するのも怖いな。と思ったよ。

目先のことだけ考えて熟年離婚するというのは超絶貧困生活への片道切符だな?なんて。

その人のように離婚後に病気になったりすると、特にね。

その人はパート勤務で、転職グセのあるご主人、性格は子煩悩で優しいけど離婚前の月収は11万…
長年ご主人にはお小遣いも渡さず、子供2人もいて、それでもやりくりして子供達を自立させた後離婚したんだよ。

子煩悩で優しく、転職グセがあっても働く意欲さえあるなら離婚するまでもないと思うんだけど、それはそれで不満なんだろうな。

そんで離婚後、病気になって仕事減らして月収は約4万で一人暮らし、家はローン無しの戸建てを離婚時に貰って家賃ゼロだとしても、
超苦しそうで、最近、別れた旦那さんに子供を利用してコンタクト取ろうとしているけれど、こういうのもなんだかな??と思うよ。

いつまでも元気で働けると思うのは若い証拠で、50歳も超えるとそれまでの無理が祟ってガタンとくるらしい。みんながみんなじゃないけど。

唸るほど財産があるとか、継続して不労所得が入るとか、身内からの助けがあるとか、経済的な安心材料がない限り、安易に熟年離婚はしない方が良さそうだな。

うん。そんな気がしてきた。
その人みたいに、たとえ家賃が無料だとしても大変そうだ。

2兎追って3兎得たいけどさ、
2兎追うものは1兎も得ずっていうじゃん。


何かを妥協することで得られるものもある。

人生そんなもんでしょ?

ほんと最近そう思う。