★直感を大切に生きるアラフォー女の日記★

家事と仕事が大嫌い(笑)現在学生アラフォーニート主婦が神秘体験、投資、錬金術(節約術?)、心理学など現在興味のあることを無意味に綴る自己満ブログ

144◆短気は人生を厄介なものにする

愛し合うときでも、戦い合いをするときでも、また尊敬し合う場合でも、両者のうちの一方だけが、いつも煩わしいことを引き受ける役割を担うことになるものだ。

その人たちの特徴は共通している。

つまり、短気なのだ。

短気な人は、どういう場合や状況にあっても、物事が中途にもかかわらず短絡的に反応し、そのつどの感情を破裂させ、過剰な言動をしてしまう。

そのため、まったくふつうのことすら、手のかかる煩わしい事柄になってしまうのだ。


『曙光』